電力自由化は比較して決めるべき|費用削減する秘訣

全国各地への電力供給

模型

企業の強みを生かした事業

2016年からいよいよ電力自由化が始まり、参入に乗り出している企業同士の競争も活発化してきています。目立った特徴として、電力会社と通信会社が提携して、さらなる事業拡大を目指しています。お互いに電力自由化のために異業種の企業が提携することで、各会社の強みを生かせるという点にあります。電力会社は元々特定エリアの電力提供を行ってきたという実績を持っているので、それを生かした事業展開ができます。また、通信会社は全国各地に営業所などを持っていて、エリアに関わらず業務を行えるという強みを持っています。この2つのメリットを生かすべく電力自由化で企業同士が提携することで、電力会社はエリアに縛られず事業を広げることができて、通信会社は電力提供のためのノウハウを知ることができるようになります。また、未来の電力事業を見据えて新たなサービスを展開するためにも、お互いの企業の情報網や通信網、サービスなどを共有することで、顧客のニーズに応えることも可能となります。現在では数百社以上もの企業が電力自由化へ参入していて、各社独自のサービスなどを繰り広げていて顧客獲得に乗り出しています。このような激化する競争に勝つためにも、企業同士が手を組むことで顧客を獲得しやすくなり、事業拡大に役立ちます。お互いのメリットが大きくより良いサービスを顧客に提供することができて、自社の利益そのものを上げることに有効なので、電気会社と通信会社の提携が行われています。