電力自由化は比較して決めるべき|費用削減する秘訣

多くの視点からの選択

電力自由化

選択するための視点

電力自由化は2016年4月からスタートした制度で、それまで地域ごとに契約していた大手電力会社だけでなく新たに参入する電力会社からも電力を契約できるようになった。どの電力会社から購入すれば電力料金が最も安価となるか、どのような方法で発電した電力かなどを考慮し、比較する。電力自由化で注目されるのは、やはり価格であろう。単純に電力を購入する単価を比較するだけでなく、携帯電話とのセット販売やガスとのセット販売などもある。電力自由化で新規参入した業者により、セット販売を行って割り引きするケースが多数存在するのだ。電力料金を安価とする場合には、セット販売を考慮してその料金を比較する必要がある。また、発電方式に主眼を置いて選択できるという特徴がある。エコの注目度が増す中、再生可能エネルギーを主体として発電する電力会社を選択しようという見方も存在する。このように電力自由化によりこれまで大手電力会社しか選択できなかった場合と比し、多くの視点で電力会社を比較し、選択することができるようになった。一方、新電力と呼ばれる新たな参入会社の数が非常に多く、一概に比較するといっても非常に手間がかかる。電力会社ごとのプランを基本とし、現在の使用電力量からどの電力会社を選択すれば安価な供給元を選択できるか、またどのような特徴のある電力会社かを比較できるサイトが存在するので、このようなサイトを活用して電力会社を選んでみるとよい。現在はガスの自由化もスタートしており、エネルギー全体で最適化を考えたい。

全国各地への電力供給

模型

電力自由化が始まり、電気会社と通信会社が提携するようになりました。それぞれの企業の強みを生かすことができて、不足している部分を強化できるので、提携するケースが増えています。今後を見据えてお互いのメリットも多く、自社の事業拡大にもつながるという理由もあります。

トータル的に見てみる

積み木とコンセント

電力自由化によって、電気会社を自由に選べるようになったため、よく比較して選んでみましょう。トータル的に見た方がお得になることもあります。ガスやインターネット、電話なども、この機会に見直してみることをお勧めします。

異常を発見する安全調査

ブレーカー

電気設備工事店では、ただ単に家電の工事だけを着々と進めるだけではなく、安心や安全性を高めた提案をしてくれることも大事です。選定ではプロとして資格を持つだけではなく、培ったノウハウで異常を察知できる点検にも努めてくれることが大切です。